情報公開


T 環境保全に向けた具体的な取組計画

@ 社用車の効率的な運転の推進を図る
A アイドリングをせず、アクセルむらのない運転の推進を図る
B 法定速度の遵守


U エコ安全ドライブ

@ 急発進・急加速をしない
環境面の効果:急発進・急加速をしないことで、エンジンが低回転となり燃料消費が少なくすみ、二酸化炭素(CO2)排出量が減らせる
安全面の効果:周囲の確認が出来る為とっさの対応がしやすくなる

A 早めのアクセルオフでエンジンブレーキを使用する
環境面の効果:減速時、早めにアクセルを離すことで燃料消費が少なくすみ、二酸化炭素(CO2)排出量が減らせる
安全面の効果:早めに速度が低下するので、周囲の確認が出来、とっさの対応がしやすくなる

B 交通状況に応じた定速走行に努める
環境面の効果:アクセルを一定に保つことで燃料消費が少なくすみ、二酸化炭素(CO2)排出量が減らせる。
安全面の効果:無理な追越をしなくなり、速度が控えめになるので、交通事故を起こしにくくなる。

C 車間距離は余裕を持つ
環境面の効果:車間距離に余裕を持つことで定速走行でき、燃料消費を少なくし、二酸化炭素(CO2)排出量が減らせる。
安全面の効果:車間距離をとることにより、追突の危険性が減る。

D 乗車前に点検・整備をする
環境面の効果:例えば、タイヤの空気圧の不適正は、燃料悪化の原因となるため点検・整備を実施すると二酸化炭素(CO2)排出量が減らせる。
安全面の効果:整備不良を原因とした交通事故を未然に防ぐことができる。




環境関連のページに戻る

TOPページに戻る